肌が乾燥する...乾燥肌の原因と対策

HOME»肌の悩みQ&A»乾燥肌の悩み

乾燥肌の原因と対策

肌がカサカサになったり肌から粉が吹いたようになっていたり...通常、健康な肌の場合、角質層には約30%の水分が含まれています。この水分の比率が30%以下になってしまっているのが乾燥肌です。空気が乾き、湿度が30%以下になると空気が乾いてきて角質層から水分が蒸発しやすくなります。

人間の体には角質層の水分を守る保湿成分があるのでその保湿成分が正常に働いていれば湿度がたとえ0%になろうとも水分は蒸発しないのですが、保湿成分をつくる力が低下してしまうと肌は乾燥し乾燥肌へとなるのです。

肌の保湿に必要な成分
肌の保湿に最も必要な成分はセラミドという成分で細胞間脂質の一種で、角質細胞どうしを繋ぎ合わせている脂質の一種。様々な脂質が混ざり合ってできている角質細胞間脂質ですがその約40%はセラミドです(他に遊離脂肪酸)などが含まれ働きあって肌の水分を守り外部の刺激から肌を守ってくれています。

乾燥肌の対策として...

乾燥肌を改善するためには言うまでもなく、保湿(水分)が必要。保湿=油分ではありません。肌の水分を維持できるようなスキンケアが必要になってきます。保湿のポイントは水分を与えるのではなく維持するための保湿。肌に対して水そのものを与えるのではなく、セラミドやヒアルロン酸などの保湿成分を肌に与えることで肌質が改良され肌の保湿へと繋がります。
HOME»肌の悩みQ&A»乾燥肌の悩み