皮膚のしくみについて

HOME»皮膚のしくみ

皮膚のしくみに

皮膚をつくっている3つの組織 皮膚は表皮・真皮・皮下組織といった3つの組織で作られています。ここでは、より良いスキンケアを行っていく上で是非、知っておいて頂きたい表皮と真皮について書いていきます。

表皮について
皮膚のいちばん表面の部分を“表皮”といいます。そして表皮の上にある角質細胞の層を“角質層”といいます。※同じ表皮の細胞なのですが上の部分は死んだ細胞(角質)ですので、生きている部分(表皮細胞)と区別してあります。

角質層とは...

肌の表面にある表皮細胞の死んでしまったもの(角質)で出来ているのが角質層です。角質層は約30%が水分だといわれます。皮膚の内側の水分が蒸発しないように皮膚を保護(※バリア機能)しています。そして、古くなった角質は垢となり皮膚から脱落していきます。この事を皆さんが一度は耳にしたことがあるであろうターンオーバーといいます。

角質層から下の表皮
角質層から下の表皮は角質層と違って生きた細胞で出来ています。約65%の水分を含んでいます。外部からの刺激に反応し、その情報を神経に伝えるなど、様々な働きをしています。表皮は顔の場合、2mmほどの厚さで約28日かけて新しく生まれ変わります。※ターンオーバー

表皮の一番下にある※基底層は新しい表皮細胞が生まれる働きをしています。この基底層にはメラノサイトという色素細胞があり紫外線などに反応してメラニン色素を作り出しています。

真皮について
表皮の下部にあたる部分を真皮といいます。約70%は※コラーゲンといわれる線維でできていてコラーゲンは真皮の中に網目状に張り巡らされていて真皮の弾力を維持しています。このコラーゲンにはエラスチンという線維がありコラーゲンの構造を支えています。これらの線維が古くなることで弾力は失われシワの原因のひとつになるといわれています。そしてエラスチンとコラーゲンを包み込むようにヒアルロン酸というゼリー状の物質があり真皮の水分を守っています。

■肌の線維の名前と効果

エラスチン
コラーゲンの線維を繋ぎとめるようにして支えている弾性繊維です。通常、真皮の約5%前後を占めていますが加齢と共に減少し、シワなどの原因になります。
コラーゲン
真皮の主成分でゴムのような弾力性をもっています。線維芽細胞から作り出され古くなったものから酸素などで分解されていきます。
線維芽細胞
真皮の成分(コラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸)などを産出し真皮の構造をつかさどる働きをする細胞です。
ヒアルロン酸
ゼリー状の物質で真皮に張り巡らされたコラーゲンとエラスチンの間を埋めて肌の弾力を支えています。ヒアルロン酸は水分を含む力がとても強くこのヒアルロン酸を多く含む真皮はみずみずしいという事になります。
皮脂腺
皮脂を分泌する細胞の集まりで皮脂腺で作られた皮脂は毛穴の中に分泌され毛を伝って肌の表面に排出されます。
汗腺
汗を分泌する細胞の集まりが汗腺です。汗腺にはエクリン汗腺とアポクリン汗腺の2種類があります。※汗腺について

HOME»皮膚のしくみ