肌のターンオーバーとは...

HOME»皮膚のしくみ»肌のターンオーバー

肌のターンオーバー

肌のターンオーバー(入れ替わり)とは表皮が※基底層部分で新しく生まれ約28日かけて角化し、角質細胞になりやがては垢として剥がれ落ちていく事をいいます。

ターンオーバーによって表皮細胞は絶えず新しく生まれ変わっている事となります。ですから表皮にできた傷などは痕が残らず治るようになっているというわけです。※髪の毛にもこれと同じようなことが言えます。枝毛などができても生え変わる事できれいな髪に戻る力をもっています。※表皮を超えて真皮にまで傷が及ぶと真皮はターンオーバーしていませんので傷痕となって残ります。



また、紫外線などでメラニン色素ができた場合も表皮にとどまっていれば28日後にはターンオーバーと共に排出されますので色は元に戻りますが真皮にまで色素が及んでいるとシミなどになります。

肌のターンオーバーは大切!

肌にとってこのターンオーバーというのはいつまでも若い肌であるためにたいへん大切な事なのですが、このターンオーバーも加齢と共に期間が長くなり一般的に40代の人だと約40日前後かかるといわれています。このため歳をとると傷の治りが若い頃と比べ遅くなったり、シミやシワも出来やすくなるわけですね。

また、角質層においては幾分か厚くなり角質層から下の表皮は薄くなっていきます。このため歳を重ねるごとに、肌がくすむ・硬くなる・乾燥するといった状態が頻繁にみられるようになるのは、この肌のターンオーバーが遅くなっている証拠だといえます。
HOME»皮膚のしくみ»肌のターンオーバー