肌のバリア機能とは...

HOME»皮膚のしくみ»肌のバリア機能

肌のバリア機能

肌の角質層にはバリア機能という機能があります。このバリア機能はブロックを幾重にも積み重ねたような感じになっていて角質層という薄い膜が皮膚の内側の水分が外へ蒸発しないように守る働きをしています。このことを角質のバリア機能といいます。食事中につい、お醤油やソースなどで手を汚してしまっても肌に染み込む...なんてことが無いのです。

このバリア機能ですが、通常角質層は自分で保湿成分(※セラミド)などを作り出していますので30%ほどの水分を含んでいます。この水分が低下する皆さんご存知の乾燥肌へとなります。乾燥肌になるとバリア機能も損なわれます。バリア機能が失われると外部からの刺激が肌内部に入り込みやすくなり少しの刺激にも反応する敏感肌へとなるわけです。その結果、化粧品が肌にしみたり、髪が触れただけで痒くなる...といった症状が起きます。

角質層のバリア機能とセラミドの関係

角質のバリア機能はセラミドとの関係ですが、簡単に言うとセラミドが減るとバリア機能も弱まるといった傾向にあります。これは角質層がブロックだとするとそのブロックを繋ぎ合わせている接着剤のような役割をしているのがセラミドなどの角質細胞間脂質というわけです。

この角質細胞間脂質というのはコレステロールといったものを原料とし表皮細胞の中で作られます。角質細胞間脂質はいろいろな脂質が混ざり合い出来ていますがその半分近くがセラミドにより形成されています。そして、その他(遊離脂肪酸ほか)の脂質が水と結合し肌の水分を守り外部から肌を守る役割をしているのです。

通常、このようにしてしっかりと重なった角質層ですが接着剤となるセラミドなどの角質細胞間脂質が足りなくなるとブロック(角質層)の一部が剥がれ落ちるなどします。※肌が乾燥している時など、肌の表面が粉をふいたように見えます。そしてそんな角質層が崩れ落ちると当然、その部分はバリア機能が弱くなっていますので外部からの刺激が入り込み易く化粧水や石鹸が肌にしみるなどといった症状にみまわれます。

※まとめると、セラミドは角質層を支え保湿し、外部の刺激などから肌を守っている大切な肌には欠かせない成分といえます。しかしこのセラミドも加齢と共に減少され年齢を重ねるにつれ乾燥しがちな肌へとなっていきます。
HOME»皮膚のしくみ»肌のバリア機能