基底層

HOME»皮膚のしくみ»基底層

基底層

基底層とは、表皮の一番深い部分にある真皮との境目にあたる部分をいいます。この基底層は新しい表皮細胞を生み出すところで、ターンオーバーのサイクルの起点ともいえます。この基底層は血液から栄養分と酸素を吸収し新しい細胞を作ります。

ですので、ダイエットなどで栄養(※たんぱく質など)が不足が不足した場合や血行が悪くなっているとターンオーバーに支障をきたす事も。※血行が悪くなる原因としてはタバコの吸い過ぎや脂肪分の摂りすぎなどが上げられます。

基底層は強い膜のようなもので出来ていて真皮を守る役割をもっています。基底層から上の表皮の部分はターンオーバーによって傷がついても元の状態に戻りますが、真皮にまで及んだ傷は完全には元の状態に戻りません。ですからその真皮を守るために基底層には強い膜がはられているのです。

基底層にはメラニンサイトというものがあり、ここではメラニン色素が作られています。このメラニン色素は紫外線などが真皮に届かないようにガードしています。このように大切な基底層ですが、この基底層も若い頃は良いのですが、加齢と共に衰えメラニン色素が基底層より下の真皮に浸透し、シミとなって残るようになります。
HOME»皮膚のしくみ»基底層