コラーゲンとは...

HOME»肌のしくみ»コラーゲン

コラーゲンについて

コラーゲンは、たんぱく質の一種で繊維状の構造になっていて人体では皮膚のほか筋肉・骨・内臓などのいたるところに存在します。肌のコラーゲンは真皮にあり、真皮の約70%はコラーゲンでできています。コラーゲンはゴムのような弾力性をもっていますので、通常の肌は指で押さえても元に戻りますし多少は伸びたり縮んだりします。

しかし、そんなコラーゲンも加齢によって劣化すると古くなったゴムと同じで弾力性を失います。また、コラーゲンは線維であって生きた細胞ではありませんので死ぬということはありません。ですから表皮細胞のようにターンオーバーもありませんが、コラーゲンは線維芽細胞という細胞から新しく作り出されるようになっています。古くなったコラーゲンは酸素などで分解されていきます。

こうして、コラーゲンも角質層のターンオーバーのように、ゆっくりですが新陳代謝を繰り返しています。コラーゲンの代謝は非常に遅く、真皮のコラーゲンが一通り代謝するのには、およそ2〜6年もの歳月(※正確には不明)がかかるようです。しかし、このコラーゲンも40代以降はほとんど新しく作られる事はなくなりますので、加齢と共にコラーゲンの量も減りシワなどの原因となります。
HOME»肌のしくみ»コラーゲン