基礎化粧品の効果と選び方・クレンジング方法

HOME»基礎化粧品の選び方と効果»クレンジング

基礎化粧品・クレンジング剤の効果

近頃のメイクアップ化粧品は、ウォータープルーフタイプなど水に強く化粧崩れしにくくできています。そのため、普通の洗顔だけでは落ちにくいようです。そんな油分を含むメイクなどを落とす際に必要なのが、メイクを浮かせるクレンジング。このクレンジングには普通、メイクを落とすのに不可欠といわれる界面活性剤というのが配合してあり、この界面活性剤の配合量や質でそのクレンジングの価値が決まります。※界面活性剤とは油と水を混ざりやすくするための物質です。使いすぎると肌の潤いを妨げますので注意が必要。

クレンジングの種類
クレンジングにはクリームタイプの物やジェルタイプ・オイルタイプなど実に様々なタイプのクレンジングがあります。クレンジングは、ほぼ毎日(化粧をしている限り)使うものですしスキンケアの中で最も肌への刺激が強いものです。ですからクレンジングはできるだけ良いものを選ぶようにしましょう。

肌に優しいクレンジング〜毎日使うクレンジングだからできれば肌に少しでも優しいものを選びたいものです。クレンジングで比較的、肌に優しいとされているのは簡単に洗い流す事のできるクリームタイプの物・乳化ジェルタイプのクレンジングです。
オイルタイプのクレンジング
その洗浄力と手軽で、オイルタイプのクレンジングを使われている方が結構いますが、このオイルタイプのクレンジングは油分を多く含んでいる物が多くメイクとの馴染みはよいのですが、メイクを落とすための界面活性剤も多く含まれていますので肌への刺激が非常に強いものが多いです。結果、毎日使っていく中で大切な肌を傷める場合も少なくありません。
ミルクタイプのクレンジング
ミルクタイプのクレンジングは肌にも優しいイメージで人気もありますが、水分が多いためメイクとの馴染みも比較的、悪く、結果、落ちないからと肌を擦りすぎ傷めてしまうという事があります。薄化粧を落とすのにこのクリームタイプのクレンジングを使用するのは良いですがファンデーションなどを塗り、しっかりメイクした時はお勧めできません。
シートタイプのクレンジング
手軽に簡単に使えるシートタイプ・拭き取りタイプのクレンジングはその手軽さから人気を集めていますが、肌への刺激は最も強く使い勝手が良いだけで毎日、使用していると肌を傷めますし、シミなどの原因にもなりかねません。使用するなら間隔を開けて使用しましょう。
泡タイプのクレンジング
泡タイプのクレンジングもワンステップでメイクを落とせるといった具合に手軽で簡単なぶん、肌への負担も大きいです。これは、ミルクタイプのクレンジングと同じように泡は水を含むためメイクとの馴染みが悪いです。そして多くのものが、その馴染みの悪さを補うために界面活性剤を多く配合していたりするからです。

肌への負担が少なく良いクレンジング

オイルタイプ・ミルクタイプ・シートタイプ・泡タイプとあるクレンジングの中でどのクレンジングがいちばん肌に優しいのか?それは、そのクレンジングの質(各成分の配合バランス)で選ぶしかありません。油分・水分が多すぎずバランスよく配合されているクレンジング。そういった事を考えると、やはり比較的お勧めなのはクリームタイプのクレンジングです。※クリームタイプでも適度に硬い上質なものが理想的です。
※肌に優しいクレンジング法

※クレンジングを選ぶ際の注意・・・クレンジング剤は界面活性剤の分量などをチェックし、クレンジングは値段や手軽さだけで選ばないようにしましょう。クレンジングがあなたの肌に合っていないと、高価なスキンケアを行ったとしても美肌にはなりません。
HOME»基礎化粧品の選び方と効果»クレンジング