正しい洗顔の方法と洗顔効果

HOME»正しい洗顔の方法と洗顔効果

洗顔料の効果

洗顔料の目的はただ一つ。洗顔料にも現在は様々な物(肌に潤いをもたらす・美白効果など)がありますが、洗顔料は洗い流してしまうものです。保湿や美白といった様々な成分が含まれていても全てすすぎの際に流れてしまいます。洗顔料の本来の目的は、肌の脂汚れをしっかりと落とす事、ですから洗顔料を選ぶ時は汚れを落とす事をメインに考えて選びましょう。
クリームタイプ・液状タイプの洗顔料
クリームタイプや液状タイプの洗顔料は肌に優しく作られていますので他の洗顔料に比べると洗浄力は比較的、弱い傾向。それにプラスして洗い上がりの肌のつっぱり感をなくすために油分を含む物が多い。
パウダー状の洗顔料・ムースタイプの洗顔料
パウダー状の洗顔料やムースタイプ(最初から泡状)の洗顔料は洗浄力の強い物からそうでないものまで様々なタイプがありますので実際のところ使ってみないとわからないといった場合が多い。
泡の立たない洗顔料※ミルクタイプなど
この泡の立たない洗顔料というのは比較的、洗浄力がかなり弱い物が多いです。※アトピー性皮膚炎の方や敏感肌の方にはお勧めです。
洗顔フォーム・固形石鹸
通常、洗顔フォームなどには油分が約30%前後含まれています。それに比べ固形の浴用石鹸(昔からある白い石鹸)などは油分が5%前後程度しか含まれていませんので、しっかりと汚れが落ち、なおかつ肌に余分なものを残しませんので、洗顔フォームなどと比べると洗顔料の本来の目的を満たしているといえます。ですから洗顔料よりも浴用の固形石鹸での洗顔をお勧めします。※浴用の固形石鹸の洗浄力が肌にきつすぎると感じる方は洗顔石鹸でも構いません。

洗顔は洗浄する事が目的

様々な洗顔料がありますが、やはり洗顔料というのは。洗顔料の本来の目的は、肌の脂汚れをしっかりと落とす事です。余分な成分などを含まず、洗浄力をメインに考えたシンプルな物が良いといえます。※アトピー性皮膚炎・敏感肌などでお悩みの方は例外です。肌に優しい洗顔力の弱い(泡の立たない洗顔料)などを選びましょう。※美肌のための洗顔方法

洗顔料豆知識
肌は本来、弱酸性です。そいった事から肌と同じ弱酸性の洗顔料は良い!?・・と聞きますが、弱酸性の洗顔料を使っても洗い流す水は中性ですので洗い流した後、肌は中性になります。弱酸性には洗顔後、化粧水はほとんどが弱酸性なので化粧水を付ける事で補えます。ですから洗顔料を選ぶ際に弱酸性という事には拘らなくても良いと思います。※化粧水の弱酸性か否か?については違う場合もありますので購入商品の表示を確認して下さい。
HOME»正しい洗顔の方法と洗顔効果