化粧水の選び方

HOME»基礎化粧品の効果と選び方»化粧水の選び方

化粧水の効果

化粧水というと肌を潤す・肌の保湿に欠かせない・・といったイメージが先行しますが、化粧水の水分というのは肌への保湿成分にはなりません。結果から先に言うとスキンケアにおいて化粧水というのは、あまり必要ありません。肌の潤い=化粧水というのは間違い(※ビタミンC誘導体・美肌成分を含む物は除く)で、化粧水は大半は、その名のとおり水で作られています。そして、この化粧水には肌の保湿を守る成分(セラミドやヒアルロン酸)を補う成分というのは配合しにくいしくみになっています。

したがって化粧水をたっぷりと肌に与えたとしても肌の保湿効果などという事は期待できません。一時しのぎのしっとり感だけで、時間と共に水分は蒸発してしまいますので本当の保湿にはなっていないのです。

化粧水を肌に与える事で得られる効果は、化粧水をつけると肌がさっぱりした気がして良い気分になるという事くらいです。そんな化粧水ですが、勿論、全てが全て爽快感だけではありません。ビタミンC誘導体を含んでいる物や美肌成分を含んでいる化粧水はそれなりの効果が期待できます。

化粧水の選び方

肌に対する保湿効果効果が期待できない化粧水、では化粧水を選ぶ時はどのような目的で選べば良いのか?化粧水を使用するのなら(使用しなくても大丈夫)ビタミン誘導体や※美肌に効果的な成分が配合されていて尚且つシンプルな成分配合の化粧水がお勧めです。※肌の保湿目的なら化粧水ではなく、保湿成分を含んだ美容液やクリームで保湿効果を補うほうが効果が期待できます。※美肌のための化粧水の使い方

水溶性の美肌に効果的な主な成分
アミノ酸・ヒアルロン酸・コラーゲン・ビタミンB3・各種抗酸化成分
※ヒアルロン酸やコラーゲン配合の化粧水もありますが、その配合量はごく少量(濃度が高くなると粘性がでるため)美容液などとは相性もよく高い比率で配合してあります。
HOME»基礎化粧品の効果と選び方»化粧水の選び方