化粧水の正しい使い方

HOME»基礎化粧品の選び方と効果»化粧水の使い方

化粧水の正しい使い方

化粧水を付ける時に、よくコットンなどに化粧水を染み込ませ付けている方がいますが、スキンケアを行う際はできるだけ手で行うことが大切です。コットンの質に関わらず線維というのは肌に小さな傷をつけてしまい易く...

肌(角質層)が傷付けばそこから大切な肌の潤い成分が流れ出し、肌は外部からの刺激を受けやすくなります。(※肌のしくみ参照)その結果、肌は乾燥し、肌の老化を招く原因になりかねません。ですから普通に行うスキンケアでコットンなどを使用する必要はありません。

美肌になるための化粧水の付け方

これは化粧水に限った事ではありませんが、化粧水や美容液・乳液など、まず手にとります。そして手にとった後、掌や指の腹で肌を押えるように優しく付けていきます。※注意したいのが、よく化粧水をつけた後に“パンパン”と肌を叩く人がいますが、これは赤ら顔やシミの原因にもなりますので注意しましょう。
HOME»基礎化粧品の選び方と効果»化粧水の使い方