ファンデーションの選び方と効果

HOME»基礎化粧品の選び方と効果»ファンデーション

基礎化粧品・ファンデーションの効果

ファンデーションには肌をきれいに見せるために顔料(色のついた粉)が入っています。例えばクリームタイプのファンデーションなどは乳液のようなものの中に顔料を配合し、作られます。また、下記を見て頂ければわかるように、クリームタイプやリキッドタイプなどの水分を含む成分と顔料を合わせる際には成分の分離を防ぐための様々な成分が配合されます。
クリーム・リキッド・ゲル状のファンデーション
クリームファンデーションは乳液のようなものの中に顔料(色のついた粉)を分散させできています。成分の分離を防ぐために乳化剤(界面活性剤)で乳化し安定させているというわけです。この乳化剤というのが肌への刺激となります。液状である以上は水分を含みますので当然、防腐剤も必要になりますので含まれます。※リキッドタイプ・ゲル状タイプも同じです。
パウダーファンデーション
パウダーファンデーションには、通常、乳化剤は含まれませんし、もちろん水分も含みませんので防腐剤もほとんど必要ありません。

ファンデーションの選び方

ファンデーションの種類をみてわかるように、比較的、肌に優しいのはパウダータイプのファンデーション・・という事になります。ですが、ファンデーションにカバー力を求めるならクリームタイプまたは練り状タイプ(形はスティック状のものなど様々です)のファンデーションがお勧めです。※練り状のファンデーションは顔料に油分だけを少しだけ加え作られていて乳化剤や防腐剤をほとんど必要なくあまり使っていないものもたくさんありますので、パウダータイプに比べしっとりとした仕上がりを期待できます。

※パウダータイプのフェンデーションだと粉が浮いて上手くいかないという人も多いですが、それはメイク前の保湿をしっかりと行うことで防げる場合もありますので※以下の方法で一度、お試し下さい。

■ファンデーションの粉浮き防止方法
まず、洗顔後に(※化粧水の有無は問いません)セラミドなどの保湿成分を含む美容液を少し多めに使います。この美容液が下地のかわりになります。そして粉浮きが気になる時は保湿成分配合の乳液または保湿クリームを少なめに重ねます。そして※約10分ほど待ち、その後ファンデーションを塗ってみてください。塗っている時は多少、粉っぽさがあっても1時間ほどでなじみ良い具合に仕上がります。※約10分ほど時間を置くことで自分の皮脂と乳液または保湿クリームが混ざり合います。
HOME»基礎化粧品の選び方と効果»ファンデーション